出会い系での補導された女の数w

出会い系サイトは、全国で利用できる、男女の出会いの場として
長年、多くの方に利用されています。
そんな出会い系を通じて、補導された女性が、
実は結構多いって知っていましたか?

出会い系を通じた体の関係を求める男女は、昔から注目されていて、
多くの呼びかけや、対策がされてきたのですが、
出会い系の掲示板などを通じて、売春目的の書き込みが後を絶たない様子です。

今回、インターネット掲示板や交流サイト、出会い系で
サイバー補導が行われ、出会い系で売春を行っていた女性は
なんと、150人もの女性が発見されました。

出会い系での売春している女の数

その中でも、150人中、援助交際が74人、下着の売春が、73人
両方を希望する女性が、3人と、驚きの数の女性が、
売春行為の目的で出会い系サイトを利用していたのです。

売春行為を行っていた女性の中でも、最年少は13歳。
驚きの若さで、出会い系で売春行為を行ていました…
どこで、出会い系サイトの存在を知り、売春行為を覚えたのか
中学1年生という若さで、なぜ、お金が必要なのかはわかりませんが
出会い系サイトでの売春行為の実態は、驚くべき結果となっていました。

出会い系での売春行為の調査

今回のサイバー補導は、
警察官が身分隠し、出会い系で書き込みを行ている女性と
直接会う事で、事実は発覚、その場で適切な指示が行われたそうです。

しかし、出会い系サイトとは、インターネット上で、
数百とサイトがあり、そのサイト一つ一つに、
売春目的の女性達がいると思うと、キリがありません…
出会い系運営者の管理は、どうなっているのか、
厳密に調査をしてもらいたい所ですね。

出会い系サイトでの売春

そして、出会い系では、他にもこんな事実が発表されています。
昨年のデータではありますが、売春行為などを含めた、
刑法犯として、摘発された未成年者は、5万6469人との発表がありました。

出会い系での売春行為の実態データ

このデータは、過去10年に比べても、減少していると言われているのですが
それでも、5万人を超える男女が、出会い系で売春行為を行っていた
事実が発覚しています…

出会い系とは、本来ならば、恋人のいない男女が出会いを求める場所でありますが、
男女間の出会いは、もはや、体の関係を求める男女が半数を超えている状態
これでは、この先も、まだまだ、出会い系サイトへの不安や、疑心は、
世の中から消えていく事はなさそうです…

コメントを残す

サブコンテンツ