出会い系での架空請求に対する正しい対処方法を悪徳ドットネットが教えます。

架空請求とは、身に覚えのない利用料金を、運営会社から請求される事です。
その実態は、実際に利用の履歴が無くとも、悪徳業者は、法律、刑法などの、文言で利用者をまず不安にさせる事から始まります。
何の請求なのか分からず、不安になった場合、運営会社に、直接話を聞こうと考える方も多いとは思いますが、運営会社は詐欺のプロなので、一般の方ではあまり理解ができない、法律や刑法などの内容で話をすすめられてしまうので、見に覚えのないアダルトコンテンツの利用だとしても、解決するならばと、数万円の利用料金をみすみす払ってしまう方は多いんです。

架空請求は無視すること

架空請求の多くの手口は、メールアドレス宛てにいきなり送られてきます。
しかし、料金の支払いを求める会社は、請求者に対して、正式な請求書を発行しなければなりませんので、メールでの請求の催促は、無視していても構いません。
もし、万が一、大事な請求だとするならば、お住いの住所宛に再度請求が行われるはずです。

架空請求

そして、架空請求の手口でも、もっとも多いのが『期日までの支払いがなければ刑法上の利用に反する』みたいな内容のものが多く、利用者は、まず不安になります。
そこが、悪徳業者の狙いで、日本人の方は特に、アダルト関連に少しの恥じらいや、見た目を気にしてしまう方が多く、誰かに知られる前に、早期解決を望むが上に、見に覚えのない請求でも支払ってしまう傾向が高いのです。
インターネット上の事なので、いつ、アダルトサイトを利用したかも、実際には覚えているはずもなく、実際に、過去にアダルトサイトの利用経験がある方は、尚更不安になると思いますが、決して支払う必要はありません。
しかし、支払をしなければ、どんどん催促のメールなどによる不安が膨張するのではないだろうかと考える方に、きちんと支払う必要のない理由をご説明しましょう。

インターネットでの保護法

インターネット上では、利用者、消費者に対する保護法が適用されています。
この保護法とは、インターネット上でのサービスを利用する、消費者に対する、保護を主とされていて、通販で商品を購入する際や、インターネット上でのサービスを行う際など、利用規約に、説明があろうとも、実際に、金銭のやり取りなどがある場合は、利用者に最終告知を行わなければならない決まりがあります。
この最終告知とは、インターネット上での商品購入やサービスを受ける前に、料金が発生することを明記する事、そして、サービスを続けるにあたっての利用者が料金を支払う事に同意を行わせる事です。
利用者に対して、利用料金の明記、そして、同意を行える機能などが無い場合、運営側から請求をかけられても、保護法の問題で、利用者が有利となります。
アダルトサイトの閲覧料などは、利用者の同意、又は、決済を行ってから提供を行うものであり、なにも明記や支払いの同意がない上でのサービスの提供での料金請求は、運営側は行う事ができないのです。
それに、架空請求の内容というものは、保護法に違反するものであり、利用者は、ビクビクする必要もありません。
料金が発生するサービスであっても、料金が支払えないのであれば、サービスを受ける事ができないくらいのものであり、刑法や法律に違反することにはなりません。
なので、身に覚えのない請求に関しては、堂々と無視していて大丈夫なのです。

それでも、心のモヤモヤや、不安が解消できないのであれば、生活消費者センターなどへお問い合わせして頂ければ、対処法を教えてくれますので、料金を支払う事はせず、対処を先に行う事が詐欺に合わない為にも大事です。

コメントを残す

サブコンテンツ