出会い系を使うなら知っておくと便利な規制法

出会い系に対する規制法について悪徳ドットネットが教えましょう。
出会い系サイトは、出会い系に対する規制の中で運営を行わなければならない為、その規制に反する事がれば、罰が下りますし、利用者側も、規制法に基づいていないサイトで、被害に合った場合は、裁判などでも、有利になり得る事ができるのです。

規制

それに、この出会い系規制法に反する運営を行っている会社のサイトでの利用を、初めから避ける事ができる為、詐欺サイトか、優良サイトかを一般の方でも見分ける為のコツにもつながると思いますので、是非、出会い系をこれから利用する方や、出会い系を利用している方は参考にするべき内容です。

出会い系のインターネット異性紹介事業

出会い系は別名、インターネット異性紹介事業と言います。
これは、国や警察などに届を出して、実際に許可をもらわなければならないもので、インターネット異性紹介事業の届出を行っていない業者は、規制や法律に反しています。
そして、インターネット異性紹介事業の表記は、利用規約や会社概要に、電子商取引表記として表記する必要があり、この表記を行っていない会社は、インターネット異性紹介事業の届出を行っていないケースが多いので、気を付けて下さい。

出会い系で児童を誘引する行為の規制等に関する法律

出会い系サイトでは児童(18歳未満の男女)の利用や、誘引する行為を禁止されています。
出会い系サイトやアダルトコンテンツを含むサイトは全て、規制が適応されるため、サイト内部に、18歳未満利用禁止の表記は絶対でありますし、18歳未満の児童が利用していないかの監視を管理側はきちんと行わなければなりません。
この規制に基づいて、出会い系サイトは、利用前に、免許証の生年月日などがわかる一部分の画像の提示など作業を利用者側も行わなければなりません。
これは『年齢認証』と言われていて、出会い系での児童の利用者を無くす為の規制です。
なので、年齢認証を行っていないサイトや、年齢認証を行わずに利用ができるなどを堂々と宣伝している会社の出会い系サイトも、規制違反なので、利用しないでください。

出会い系の規制に違反した場合はどうなる

出会い系に対する規制違反に対しては、100万円以下の罰金として大人も児童(18歳未満の者)も罰則の対象となりますので、充分に気をつけて、18歳未満の方は絶対に利用しない事、利用者も18歳未満と分かれば絶対に相手にしないか、運営側へ通報すること。
通報を受けた運営側も直ちに対処を行わなければなりませんので、通報後も、利用者がサイト内に居る場合は、運営会社を訴える事もできますし、まず、悪徳性の高い会社と判断しても良いと思います。

出会い系サイトでは、様々な規制や詐欺に対する法律も、どんどんと確率してはいますが、曖昧な部分や、法律をかいくぐる事も可能と言ってしまえば可能な範囲で、規制はあくまでの、利用者に対する注意の呼びかけであり、実際に事件が起きてしまえば、自己責任となるケースが多いです。
なので、規制違反者や運営会社があれば、有無問わず、注意を呼びかけるか、法的に通報を行う事も可能です。

コメントを残す

サブコンテンツ