出会い系利用者知っておくべき消費者契約法の強み

まず、インターネットを通じたトラブル、それは出会い系だけに限らず、アダルトサイトでのトラブルや、商品購入などについてのトラブルなど、インターネットを通じたトラブルには、消費者契約法という法律が適用されます。
この消費者契約法とは何かを詳しく説明したいと思います。

消費者契約法

インターネットでのトラブルから消費者を守る消費者契約法

消費者契約法とは、消費者と事業者との間で起きるトラブル、情報量や室、交渉力の差で、多くの消費者が騙されたり、勘違いをしたりとトラブルが絶えない事から作られた消費者を商品やサービスを巡るトラブルから守るための民事ルールです。
この法律により、日常のトラブルなどから消費者を守る事ができます。

具体的な消費者契約法

更に詳しく説明するなら、消費者は、事業者との間に結ばれる、全ての契約(労働契約を除く)に対して、下記に該当する場合、事業者との契約を取り消す事ができます。

1.不実告知(4条1項1号)
  契約内容の重要な事項について、事実と異なることを告げられた場合。

2.断定的判断の提供(4条1項2号)
  将来の変動が不確実なものなのにもかかわらず、「絶対儲かります」など確実な情報として告
  げられた場合。

3.不利益事実の故意の不告知(4条2項)
  契約の有利な点ばかりを強調し、それを聞いていなかったら契約しないような不利になる事実
  を事業者が故意に隠し、告げなかった場合。

4.不退去(4条3項1項)
  自宅や職場に事業者が居座りを続け、帰って欲しいという意思表示をしたのに帰らないで困っ
  て契約した場合。

5.監禁(4条3項2項)
  営業所などで、消費者が帰りたいと言っているのに、事業者が帰らせてくれず困って契約した
  場合。

インターネットでの電子消費者契約法

消費者がインターネットを通じて事業者との間でなにかしらのトラブルが起きてしまった場合は、電子消費者契約法が適用されます。
これは消費者契約法のインターネットバージョンのようなもので、消費者が商品購入や、サービスを利用する際に、勘違いを起こさないように、正しい措置を行わなければいけません。
もし、企業側の措置が適切でなく、消費者が勘違いをお越し、錯誤や消費者の不注意で起きてしまったトラブルだとしても、契約を無効にすることが消費者は可能です。

出会い系に関して適応される消費者契約法とは

出会い系サイトやワンクリック詐欺などの、トラブルに関しては、紛れもなく、電子消費者契約法に違反するものであり、消費者は出会い系などの課金の追加や、アダルトサイトの架空請求や、ワンクリック詐欺などは、紛れもない、電子消費者契約法に違反し、消費者は、契約を無効にする権利する。
なので、出会い系などで、サクラに騙された証拠や、実際に存在もしない利用者とのメール交換のポイント請求などを消費者無効にする権利の中に居るのです。
ワンクリック詐欺のように、クリックを押すといきなり高額の請求をされたなどの行為などは、絶対的で、クリックを押す事で、高額請求を行うという企業側の措置がないので、明らかに違法ですし、架空請求の様に、アダルトサイトの利用料金を請求するという、措置がないサイトを利用して、そのサイトから利用料金を請求されたとしても、その請求は無効にすることができるので、万が一のトラブル時でも、焦らずに、落ち着いて対処や弁護士などにご相談下さい。
トラブルが解決するまでは、絶対に、お金を支払わない事が大事です。

コメントを残す

サブコンテンツ